格安データ復元サービス会社ってどこ?

PCのエラーやトラブルは突然やってきます。 ある日、パソコンを使おうと思ったら、画面に英字のエラーメッセージが出現してWindows が起動しなくなってしまい、どうしたら良いのか焦ってしまった経験はありませんか? 昨今の生活の中の大部分は、パソコンやスマホに依 存していると言っても過言ではありません。

しかし、それでもインターネットだけの問題であれば、パソコンを買い換えれば済むことですが、問題なのは、ハードディスクに保存し てある作成した各種ワードやエクセル、写真の画像やビデオカメラで撮影した動画などです。 大切な子供との思い出の写真やデータなど、 二度と手に入れることの出来ないものがあります。仕事で必要なデータ、大切な資料などが取り出せなくなってしまっては困ります。 特に 長年の研究データや弥生会計などの会計データはもう一度作成し直そうとしても膨大な時間がかかります。

最悪、無くなっても構わないデータや時間をあまりかけずに作成できるデータなら諦めもつくかもしれませんが、子供の成長記録などは 2度と作成しなおすことが出来ません。子供を赤ちゃんに戻すことも、母親のお腹に戻すことも出来ないからです。

市販のデータ復元ソフトはどう?

そのような場合、市販のデータ復元ソフトというものも、存在はするのですが、これらを利用することは、あまりお勧め出来ません。 データ復元ソフトが利用できるのは、パソコンがトラブルを起こす前の通常時に、正確にインストールできている場合のみであり、トラブ ルが起こってから慌てて購入してインストールしても意味がないのです。そもそもハードディスクが壊れていたり、パーテーション、フォ ーマットが壊れていてインストール自体が出来ないケースがほとんどです。最近では、インストールせずに利用できるデータ復元ソフトも ありますが、使用方法を間違えてしまうと、ハードディスク内のデータは二度と復元できなくなってしまいます。

過去に何度か有料・無料を問わずデータ復元ソフトを使った経験があるなら良いかもしれませんが、初めての人は大体失敗してデータを 壊してしまいます。というのも、実際、年間数千人という規模で、データの復元元と復元先のメディアを間違えて、復元しているつもりが データを壊してしまい2度と元に戻せない状況になっているからです。

データ復元ソフトでは復旧できない物理障害でも対応してもらえる

それはハードディスクだけに限らず、USBメモリーやSDカード、USB接続の外付けHDD、バッファロー製のリンクステーションやテラステ ーションなどのRAIDタイプのNASでも同じです。例えば、BUFFALO製 LINKSTATION(バッファローリンクステーション)にアクセスできなくない場合は、こちらの記事やデータ復元サービスを利用してみる と良いかもしれません。15年以上のデータ復旧サービスとしての実績もあり、高額になりやすい物理障害のデータ復旧でも、他社よりも大 体10万円から20万円は安く復旧してもらえたと評判です。

尚、どうしても復元ソフトを試してみたいのなら、無くなってしまっても後悔しないデータの場合のみにした方が安全です。 絶対に復 元したいデータだった場合は、速やかにデータ復元の専門サービス会社を利用することをお勧めします。

しかし、突然そのような事を言われても、どこを利用したら良いのか分からないと思います。 もちろん金銭的な問題もあるでしょう。 まずは、データ復元サービス会社に電話で何社か問い合わせてみると良いでしょう。