タグ別アーカイブ: バイク

雪の日はもっとも事故率が上がるバイク

バイクの事故は、晴天時よりも雨天、雨天よりも雪の天気の時が多いと言われています。

それは自動車も同じコトではありますが、バイクに何十年も乗っている様なベテランのヒトに言わせたら雪はできるだけ運転しない方が良い、と言います。 続きを読む

取得する時期によって免許が違う学生

高校生は、早い生徒であれば高校3年生の10月、11月頃には来年の4月から通う大学が決っています。

そういった生徒の多くは、推薦枠で進学する大学が決っているので、卒業するために出席日数や成績に問題もありません。 続きを読む

昔は自動車免許証でバイクに乗ることができた

自動車免許を取得すると、もれなく原付も乗ることができるようになります。

自動車教習所で学科試験と実技試験に合格すると、原付の教習を受けるコトができます。

なので、運転免許センターの試験で合格して自動車運転免許証が発行されると、自動車だけでなく原付も運転することができます。 続きを読む

バイク保険が普及しないのはなぜか

自動車を運転している人は、任意の自動車保険に加入しているヒトが多いです。

万が一、自分が事故を起こしてしまった時、自分が事故に巻き込まれた時のために自動車保険に加入しているヒトが多いです。

バイクにもバイク保険があります。 続きを読む

ライダーは軽い熱中症になりやすい

バイクは自動車とは違って屋根もなければ冷暖房の装備がありません。

そのため、冬は寒く夏はめっちゃ暑いという乗り物でもバイクは有名です。

最近の真夏は非常に暑く、自動車でも長時間停車させていると車内の温度も高く、ハンドルも熱を持ってすぐに握ることができません。 続きを読む

バイク保険の加入率が悪い理由とは?

バイクに乗っている人の多くが、任意のバイク保険に加入をしていません。

その理由は、バイクを自分の交通手段の方法としてメインで使っていないから、というものです。

バイクを持っているヒトの多くが、バイクで通勤をせずに自動車で通勤しているといいます。 続きを読む

本当は怖いバイク事故

自動車事故よりもバイク事故の方が悲惨な結末を迎えてしまうことが多いと言われています。

そのため、子供がバイクに乗りたがっても事故のコトを考えると怖くて乗ることに反対する親が多いのも事実です。

バイク事故に遭った経験のある人のほとんどが、自分は大丈夫と思っています。

バイクに乗るなら、それくらいの気持ちがないと逆に怖いかもしれません。 続きを読む

バイクの魅力とは?

バイクの魅力とは、一体なんでしょうか。

バイクは自動車と比較すると、暑くて寒い乗り物と言われています。

バイクはタンクの上にまたがって乗るので、タンク自体が熱を持つので夏は太陽光の暑さと本体の暑さ、冬は寒さで冷えきっているのでタンクが熱を持てば少しはマシですが、本体が冷えているので氷にまたがっている様な冷たさがあります。 続きを読む

バイク乗りにとって危険な転倒

バイク事故でいちばん多いのが、転倒による事故です。

追い越しをしている時に自動車と接触してしまった、前を走行していた自動車が突然急ブレーキを踏んだコトでハンドル操作を誤った、右左折時のバランスが悪かった、地面が濡れていて排水溝などでタイヤが滑ってしまった、などバイクという乗り物には転倒が付きものです。

バイクに転倒が付きものと言っても、バイクに乗っているヒトにとって転倒は命にもかかわる重大な事故なのです。 続きを読む