自転車レーンは本当に必要なのか?

日本でも自転車レーンが大きな道路で普及させていますが、自転車レーンは本当に必要なのでしょうか。

そもそも歩道では、子供や高齢者は自転車走行が許可されています。

今の日本の道路では、自転車専用レーンを作っても無駄と言う意見が圧倒的に多いです。

その理由は、路肩への一時停車する自動車があるからです。 続きを読む

本当は怖いバイク事故

自動車事故よりもバイク事故の方が悲惨な結末を迎えてしまうことが多いと言われています。

そのため、子供がバイクに乗りたがっても事故のコトを考えると怖くて乗ることに反対する親が多いのも事実です。

バイク事故に遭った経験のある人のほとんどが、自分は大丈夫と思っています。

バイクに乗るなら、それくらいの気持ちがないと逆に怖いかもしれません。 続きを読む

郵政カブ45周年記念切手は買って損なし

郵便局の配達員が郵便を配達するために乗っているバイクは、スーパーカブという乗り物になります。

原付かと思っているヒトもいるかもしれませんが、原付ではないのです。

新聞配達員が新聞配達に使っているのもスーパーカブです。

郵便配達員が乗っているスーパーカブは、意外なコトにファンが多いのです。 続きを読む

バイクの魅力とは?

バイクの魅力とは、一体なんでしょうか。

バイクは自動車と比較すると、暑くて寒い乗り物と言われています。

バイクはタンクの上にまたがって乗るので、タンク自体が熱を持つので夏は太陽光の暑さと本体の暑さ、冬は寒さで冷えきっているのでタンクが熱を持てば少しはマシですが、本体が冷えているので氷にまたがっている様な冷たさがあります。 続きを読む

バイク乗りにとって危険な転倒

バイク事故でいちばん多いのが、転倒による事故です。

追い越しをしている時に自動車と接触してしまった、前を走行していた自動車が突然急ブレーキを踏んだコトでハンドル操作を誤った、右左折時のバランスが悪かった、地面が濡れていて排水溝などでタイヤが滑ってしまった、などバイクという乗り物には転倒が付きものです。

バイクに転倒が付きものと言っても、バイクに乗っているヒトにとって転倒は命にもかかわる重大な事故なのです。 続きを読む

売上げが伸びている二輪車

日本では新車の売上げが伸び悩んでいますが、バイクや原付などの二輪車の新車の売上げはここ数年伸びています。

その理由は、自動車離れが理由です。

田舎や地方では自動車がないと生活が不便というところはたくさんありますが、東京などの都会では自動車を購入しても駐車場の金額が高いので、維持するのが厳しいし自動車がなくても地下鉄やバスがあれば、生活には困らないのが現状です。 続きを読む

集団バイクが自動車のストレスになる

年末年始などの長期休暇になるとバイクが集団でツーリングに行くので、自動車を運転しているとバイクをよく見かけます。

ただでさえ年末近くになると、普段は自動車を運転しない人が運転をするので、自動車を普段から運転する人にとってはストレスが増える原因となります。

バイクの集団と運転慣れしていない人が公道に溢れるので、事故の件数が増えてしまいます。 続きを読む

冬に事故が増えるバイク

バイク乗りにとって、冬は厳しいシーズンです。

冷たい風を体全体で受け止めて、バイクの本体も冷たいです。

体も冷えてしまいます。

自動車の場合、オープンカーは座席自体がヒートになるので、真冬でもオープンカー状態で走行しても寒くはありません。

オープンカーの暖房は、ガッツリと効きます。 続きを読む

転倒しにくい2輪車が人気

バイクや原付と言えば2輪のイメージが定着していると思います。

そして2輪だから転びやすいと思っている人も多いのではないでしょうか。

四輪の自動車とは違い、2輪のバイクや原付はスピードやバランスによっては転倒しやすい乗り物です。 続きを読む