ライダーは軽い熱中症になりやすい

バイクは自動車とは違って屋根もなければ冷暖房の装備がありません。

そのため、冬は寒く夏はめっちゃ暑いという乗り物でもバイクは有名です。

最近の真夏は非常に暑く、自動車でも長時間停車させていると車内の温度も高く、ハンドルも熱を持ってすぐに握ることができません。 続きを読む

自転車屋が急激に増えた

東日本大震災以降、自転車に乗る人が増えたコトで自転車屋が増えています。

全国展開のチェーン店は店舗も大きく、店内にもそこそこの在庫や展示品が置いてあります。

そのため、その場で即決で購入していくお客さんも多いです。

東日本大震災以降に増えた自転車屋はチェーン店ではなく、転職で始めたヒトや定年退職後に少しでも収入を増やそうと思って始めた年配者が多いです。 続きを読む

東京近郊で自転車の売上げが急激に増加中

東日本大震災以降、日本では自転車を購入したヒトが急激に増えました。

特に帰宅難民と化したヒトが多かった東京近郊での購入者が急激に増加しました。

地方では、自転車に乗っている人が多いので、東京とは違って自転車の購入者が急激に増加はしていません。 続きを読む

バイク保険の加入率が悪い理由とは?

バイクに乗っている人の多くが、任意のバイク保険に加入をしていません。

その理由は、バイクを自分の交通手段の方法としてメインで使っていないから、というものです。

バイクを持っているヒトの多くが、バイクで通勤をせずに自動車で通勤しているといいます。 続きを読む

自転車レーンは本当に必要なのか?

日本でも自転車レーンが大きな道路で普及させていますが、自転車レーンは本当に必要なのでしょうか。

そもそも歩道では、子供や高齢者は自転車走行が許可されています。

今の日本の道路では、自転車専用レーンを作っても無駄と言う意見が圧倒的に多いです。

その理由は、路肩への一時停車する自動車があるからです。 続きを読む

本当は怖いバイク事故

自動車事故よりもバイク事故の方が悲惨な結末を迎えてしまうことが多いと言われています。

そのため、子供がバイクに乗りたがっても事故のコトを考えると怖くて乗ることに反対する親が多いのも事実です。

バイク事故に遭った経験のある人のほとんどが、自分は大丈夫と思っています。

バイクに乗るなら、それくらいの気持ちがないと逆に怖いかもしれません。 続きを読む

郵政カブ45周年記念切手は買って損なし

郵便局の配達員が郵便を配達するために乗っているバイクは、スーパーカブという乗り物になります。

原付かと思っているヒトもいるかもしれませんが、原付ではないのです。

新聞配達員が新聞配達に使っているのもスーパーカブです。

郵便配達員が乗っているスーパーカブは、意外なコトにファンが多いのです。 続きを読む

バイクの魅力とは?

バイクの魅力とは、一体なんでしょうか。

バイクは自動車と比較すると、暑くて寒い乗り物と言われています。

バイクはタンクの上にまたがって乗るので、タンク自体が熱を持つので夏は太陽光の暑さと本体の暑さ、冬は寒さで冷えきっているのでタンクが熱を持てば少しはマシですが、本体が冷えているので氷にまたがっている様な冷たさがあります。 続きを読む

バイク乗りにとって危険な転倒

バイク事故でいちばん多いのが、転倒による事故です。

追い越しをしている時に自動車と接触してしまった、前を走行していた自動車が突然急ブレーキを踏んだコトでハンドル操作を誤った、右左折時のバランスが悪かった、地面が濡れていて排水溝などでタイヤが滑ってしまった、などバイクという乗り物には転倒が付きものです。

バイクに転倒が付きものと言っても、バイクに乗っているヒトにとって転倒は命にもかかわる重大な事故なのです。 続きを読む