バイク保険が普及しないのはなぜか

自動車を運転している人は、任意の自動車保険に加入しているヒトが多いです。

万が一、自分が事故を起こしてしまった時、自分が事故に巻き込まれた時のために自動車保険に加入しているヒトが多いです。

バイクにもバイク保険があります。

ところがバイク保険は、自動車保険と比較すると任意のバイク保険に加入しているヒトはとても少ないです。

バイク保険も自動車保険の様に色々なプランがあります。

しかし、それでもバイク保険に加入しているヒトはとても少なく、将来的にバイク保険に加入しようと思っているヒトもあまりいません。

その理由は、バイクに乗るのがワンシーズンだけ、というヒトがほとんどです。

通勤で毎日バイクに乗っている、年中バイクに乗って色々な所に行くことが多いというヒトはバイク保険に加入しています。

ところが、普段はバイクではなく自動車を使っていることが多く、バイクは趣味だから春や秋にしか乗ることがなく、しかもそういった季節でも週に1回乗るか乗らないか程度だから、保険に加入してもバイクに乗っていないコトが多いから保険代が無駄になってしまう、というヒトもいます。

バイク保険があまり普及しないのには、そういった理由がとても多いです。

通勤や通学など日常でバイクを使っているヒトは、自動車と同じで年中乗っています。

しかし、本当に趣味でしか乗らない、というヒトは1ヶ月どころか3ヶ月も駐車場や車庫に置きっぱなしにしている、というヒトが多いのです。

バイク保険も普段からバイクに乗る人にとっては必要な保険ではありますが、一時的かつ期間が限定しているヒトにとっては、保険に加入するかしないか悩む所ではあります。