配達の人材不足を解消します

外食産業は深刻な人手不足の状態になっています。

そのため、平日のランチは営業をせずに夜だけで土日祝日のみランチをしているという飲食店も少なくありません。

しかし、最近はアルバイトが平日よりも時給が高い土日祝日にシフトを入れてくれないケースがほとんどです。

それは飲食店だけでなく、宅配系の飲食サービスも同じなのです。

出前のピザやお寿司、お弁当などの配達は原付の免許を所持している学生にしかできません。

そのため、中の製造にスタッフがいても宅配ができるスタッフがいなくては宅配系も深刻な問題となるのです。

最近では電話でなく、アプリやインターネットから簡単に注文ができる時代です。

そのため、雨の日や寒い日ともなると待ち時間が2時間でも注文がガンガン入ってきます。

しかし宅配用のバイクの数にも限りがあり、雨天時などは道も渋滞するので余計に時間がかかってしまいます。

しかし、宅配系のサービスに参入をしてきているのがバイク便です。

バイク便は、書類などをその日に配達する速達系のサービスです。

基本は会社や企業が仕事をしている午前中から夕方なのですが、インターネットの普及などによりバイク便の利用も減りつつあります。

そこで、バイク便が着目したのがピザなどのデリバリーを中心としている宅配系のサービスです。

バイク便などでお店のバイクは使わずに自分たちのバイクを使う所もありますが、お店の原付を使う所もあります。

事前に飲食店と提携をしていて、翌日の天気などによってバイク便のスタッフをお店に派遣する人数を相談します。

最大のメリットは、人材が必要と思える時に人材を確保することができるという点です。

今、こうした人手不足の飲食店に新たなサービスを提供する会社が増えて来ているのです。