ライダーは軽い熱中症になりやすい

バイクは自動車とは違って屋根もなければ冷暖房の装備がありません。

そのため、冬は寒く夏はめっちゃ暑いという乗り物でもバイクは有名です。

最近の真夏は非常に暑く、自動車でも長時間停車させていると車内の温度も高く、ハンドルも熱を持ってすぐに握ることができません。

自動車のボンネットに生卵を落としたら目玉焼きができてしまうほど、車体に熱があるのであれば、バイクも同じなのです。

ただバイクの場合は、ハンドルを握る手はグローブをしているので、自動車の様に暑過ぎてハンドルが掴めないということはありませんが、車体がかなりの熱を持っていることには間違いないのです。

更にエンジンをかけると、エンジンが稼働するので熱があがります。

しかも転倒時のケガの軽減のためにライダースーツや革ジャンなどの厚手の長袖長ズボンを身につけ、ヘルメットを装着すると炎天下の下をバイクで走ると相当な熱が体内にも蓄積されてしまいます。

中でも危険なのはヘルメットです。

ヘルメットは人間の体で大事な頭部を守ることが役目なので、通気性よりも安全性を重視しているため重さもあれば厚さもあります。

多少は通気性を良くしていてもヘルメットを被っていれば頭に熱がこもりやすくなります。

そのため、ここ数年の異常の暑さで熱中症になるライダーが急激に増えています。

ライダーとしてはバイクに乗っているから暑く感じるのは当たり前と思っているヒトが多いですが、気温が40度近くもある外を長時間、走行していれば汗で水分が体内から減ってしまいます。

目的地に着いて頭が痛い、気分が悪いという症状は軽い熱中症なので、スグに経口補水液などを飲みましょう。

また長時間の走行の場合は、定期的に停まって水分を補給することが非常に大事です。

無理して走行して走行中に意識をなくして倒れたりしたら、それこそ大惨事でしかないのです。