東京近郊で自転車の売上げが急激に増加中

東日本大震災以降、日本では自転車を購入したヒトが急激に増えました。

特に帰宅難民と化したヒトが多かった東京近郊での購入者が急激に増加しました。

地方では、自転車に乗っている人が多いので、東京とは違って自転車の購入者が急激に増加はしていません。

地方になると、生活手段として車が必要なため、車で行くほどの距離ではないけど歩いて行くには少し遠いという距離で自転車が活躍をするので、毎日乗る乗らないに関係なく家に1台は自転車があるという家が多いです。

それと比較すると、東京は地下鉄を使っての移動が多いので、自転車に乗っているとなれば毎日の通勤で自転車を使っているヒトか学校などに行くのに使っているというヒトがほとんどです。

そのため使うか使わないか分からない様な自転車を置いているというヒトはとても少ないです。

昔から東京に住んでいる、東京生まれの東京育ちというヒトは家に自転車がある、というヒトは多い様です。

東京の場合、進学や入社を機会に地方から東京に来ているヒトが多いと言うのも、自転車が家にないというヒトが多い理由でもあります。

帰宅難民を経験したヒトの多くが、自転車を購入しただけでなく通勤方法を電車や地下鉄から自転車に変更したヒトも少なくありません。

自転車を購入したヒトの多くは、学生が学校から指定されている様な通学用の自転車ではなく、坂道や砂利道など路面が悪くても走ることができるマウンテンバイクなどのスポーツに特化した自転車か競技向きの自転車がほとんどでした。

満員電車で片道30分の通勤の毎日を送るくらいなら、自転車で片道1時間かけた方が家計にも優しく健康にも良いというヒトが多いです。