バイク保険が普及しないのはなぜか

自動車を運転している人は、任意の自動車保険に加入しているヒトが多いです。

万が一、自分が事故を起こしてしまった時、自分が事故に巻き込まれた時のために自動車保険に加入しているヒトが多いです。

バイクにもバイク保険があります。 続きを読む

配達の人材不足を解消します

外食産業は深刻な人手不足の状態になっています。

そのため、平日のランチは営業をせずに夜だけで土日祝日のみランチをしているという飲食店も少なくありません。

しかし、最近はアルバイトが平日よりも時給が高い土日祝日にシフトを入れてくれないケースがほとんどです。 続きを読む

自転車ブームが落ち着いた日本

東日本大震災で帰宅難民となったヒトが多かったために自転車という移動手段が日本で大ブームとなりました。

地下鉄がストップしてしまうと帰宅するための手段がなくなり、タクシーには大行列ができました。 続きを読む

原付で道交法違反をするヒトが急増

原付は、バイクとは異なります。

そのため一般道路は走行することができますが、右折や左折をする時に二段階で曲がらなくてはいけない道もあります。

また、原付では走行してはいけない道路もあります。

高速道路やバイパスは原付は走行することができません。 続きを読む

学生に人気がある原付

原付と呼ばれる原動付きバイクは、大学生が利用していることがとても多いです。

原動付きバイクのみであれば、免許の取得は16歳から可能で、高等学校によっては高校2年生で家が遠方にある生徒に限って原付での通学を認めている所も少なくありません。

特に地方や商業高校系になると原付の免許を取得している学生の比率は高くなります。 続きを読む

サイドカー付きバイクが今、中高年に人気!?

バイクと言えば、前と後ろの2人乗りの乗り物と思っているヒトが多いのではないでしょうか。
サイドカー付きバイクとは、バイクの横に一輪の車体を取り付けたもので変則的な3輪車のコトです。

普通のバイクとは異なり、横にヒトが乗る形となり、2人乗りには変わりありません。
また横の車体に乗るので、バイクの様にハンドルを握っている人の体にしがみつくことはありません。

サイドカー付きバイクは高速道路の走行も可能です。
サイドカー付きバイクは若者よりも定年退職を迎えた人や中年世代の人が愛用しているケースが多いです。

戦争中は偵察用に、このサイドカー付きバイクが良く利用されており、BMW-R71型やBMW-R75型、ツェンダップKS750型という名車を生みだしました。

一方日本では未舗装道路が多いためにうまく運用できず戦争中でも、あまり使用されなかった経緯があります。
続きを読む

ライダーは軽い熱中症になりやすい

バイクは自動車とは違って屋根もなければ冷暖房の装備がありません。

そのため、冬は寒く夏はめっちゃ暑いという乗り物でもバイクは有名です。

最近の真夏は非常に暑く、自動車でも長時間停車させていると車内の温度も高く、ハンドルも熱を持ってすぐに握ることができません。 続きを読む

自転車屋が急激に増えた

東日本大震災以降、自転車に乗る人が増えたコトで自転車屋が増えています。

全国展開のチェーン店は店舗も大きく、店内にもそこそこの在庫や展示品が置いてあります。

そのため、その場で即決で購入していくお客さんも多いです。

東日本大震災以降に増えた自転車屋はチェーン店ではなく、転職で始めたヒトや定年退職後に少しでも収入を増やそうと思って始めた年配者が多いです。 続きを読む

東京近郊で自転車の売上げが急激に増加中

東日本大震災以降、日本では自転車を購入したヒトが急激に増えました。

特に帰宅難民と化したヒトが多かった東京近郊での購入者が急激に増加しました。

地方では、自転車に乗っている人が多いので、東京とは違って自転車の購入者が急激に増加はしていません。 続きを読む

バイク保険の加入率が悪い理由とは?

バイクに乗っている人の多くが、任意のバイク保険に加入をしていません。

その理由は、バイクを自分の交通手段の方法としてメインで使っていないから、というものです。

バイクを持っているヒトの多くが、バイクで通勤をせずに自動車で通勤しているといいます。 続きを読む